Hatena::Groupvisit

海を歩く神経に塗り替わる皮膚

 | 

2011年

[] ポンピドゥー

はじめて通りがかったときに見たのは背面で、なんの工場だろうと思ったらポンピドゥー・センターだった。

パイプもこんなふうになるとずいぶんポップで驚く。

今はなにをやっているのかなと思ったら、ムンクだった。

いるあいだに観に来ようと思って再訪したら、空にどんどん雲が増えてどうやら雨になりそうだった。

エスカレーターで最上階まで登ると、そこからムンク展に入場することができる。登り切ったところからエッフェル塔が見えて、そういえば見に行っていないなと思い出す。

屋外で食事を取れるようになっていて、真っ赤な薔薇が一本ずつ生けられていた。

ムンクに特別な衝撃はなく、常設展も特別な衝撃はなく、なんとなく MOT 東京都現代美術館を思い出しながら観て歩いた。途中、展示室から搬入口が見えたのが面白かった。

誰のなんという作品だったか忘れてしまったけれど、なぜか北海道で見た流氷が砂漠の薔薇のようだったことを思い出した。

展示を観ていたあいだに雨が降ったらしい。外に出たら地面が濡れていた。

 |