Hatena::Groupvisit

海を歩く神経に塗り替わる皮膚

 | 

2011年

[] 糸数アブチラガマ

深い縦の洞穴、アブ。崖、チラ。洞窟、ガマ。雨の浸食でできた自然洞窟は、沖縄戦当時、住民の避難場所や日本軍の作戦陣地、野戦病院となり、多くのひとが生き、死ぬ場所になったのだという。

洞窟内部は加工されていて、そのつくりかたにトルコの地下都市カイマルクを思い出した。

私は、洞窟は好きだけれど、戦争に使われた洞窟は苦しくてつらくて、もう二度と行きたくないと思った。こんなつらい場所が、二度と生まれないように、しなければならないと思った。洞窟という美しい場所が、苦しみの思い出となってしまうようなことを、してはならないのだと。

 |