Hatena::Groupvisit

海を歩く神経に塗り替わる皮膚

 | 

2010年

[] 京都国際マンガミュージアム

通りがかったとき、芝生のまわりにひとがたくさん寝っ転がって何かを読んでいた。なんだろうかここは、と思って見てみたらマンガミュージアムということだったので入ってみた。

京都精華大学の卒業・修了制作展のために入場無料です、と言われたので普段は入場料がかかるのだとわかった。2階建ての建物でどことなく橫浜の新聞博物館と似ている気がする。記憶違いかもしれないけれど、階段や手すりや天井からおりた壁の丸さとか色の組み合わせとか。

廊下に椅子が置いてあって、棚にはすこし古そうなマンガが並んでいた。そういえば、と思い出して陰陽師があるか探したらすぐに見つかった。読んでみて、御所見学をした分、ぜんぜん違って感じられると思った。きっと源氏物語も、読み直したらまた違った感じがするだろう。

読んでいる途中に何度か、着物を着た人が歌うようにして紙芝居の上演をお知らせしながら通り過ぎていった。火の用心みたいに。

 |