Hatena::Groupvisit

海を歩く神経に塗り替わる皮膚

 | 

2009年

[] 千枚田

浅めの海の広がる手前に千枚田と呼ばれる棚田があった。

もこもことして見えてパズルのようでもあって、それでも眺めながら思っていたのは秋芳洞の千枚皿だった。暗闇の中で光を反射する水を湛えたあの鍾乳石の造形。

 |